【求人】視能訓練士になるには

視能訓練士の資格・就職についてご紹介します。

視能訓練士の求人について

OZP73_kensakekkawosetumeisuru20140321_TP_V (1)
「視能訓練士」は医師から指示を受けて、患者の目の検査を行ったり目の機能を向上させるための訓練を行う人のことです。
視能訓練士の検査結果を受けて医師が「このような訓練が必要だ」ということを決定して、治療の方針や診療の内容を決めていきます。
この治療の方針を受けて視能訓練士は訓練を進めます。
医師と二人三脚で目の治療を行う視能訓練士という職業に就くにはどうすれば良いのでしょうか?

視能訓練士になるには

視能訓練士になるためには国家資格を取得しなければいけません。
この視能訓練士の国家資格への受験資格を得られるのは……
・高校卒業後、三年間指定の養成施設で学ぶ
・四年生大学・短期大学・医療系や保育系の専門学校を卒業後、指定された養成施設で一年以上学ぶ
・海外留学して視能訓練士養成学校で学ぶ
この三つの条件のうちどれか一つを満たしていることが絶対条件になります。
視能訓練士の国家資格を得て受験し、無事合格できれば病院や眼科の診療所に就職して視能訓練士としての仕事を始められます。

視能訓練士の求人と採用状況

視能訓練士の資格を得たあとも就職先は自分で見つけなければいけないことがほとんどです。
就職先を探す際には転職サイトを利用するのももちろん有効ですが、視能訓練士採用に関しては日本視能訓練士協会が積極的に視能訓練士採用に関する情報をウェブサイトに載せています。
常勤・非常勤・期間契約から雇用形態を選ぶことができます。視能訓練士の資格所有者に向けた採用情報だけでなく、視能訓練士採用を検討している病院側に向けた情報も載せています。
視能訓練士の就職先を探すのであればまずは日本視能訓練士協会のウェブサイトを確認することをおすすめします。
視能訓練士採用を検討している医院や病院は現在増えてきており、視能訓練士の職業は注目を浴びつつあります。
知名度は上がりつつありますが人材は足りていないため、視能訓練士の国家資格を取得した後に就職できる可能性は非常に高くなります。
今後は視能訓練士が注目を浴び視能訓練士の国家資格を取得する人も増えてきているため、徐々に視能訓練士採用は厳しくなっていくとも言えます。

視能訓練士の求人:採用募集企業

主に採用募集の求人を出している企業は以下のようなところがあります。
・医療メーカー
・眼科専門クリニック
・総合病院
特に眼科専門クリニックは慢性的に視能訓練士を資格者の職員が不足していて、採用募集を多く出ています。

視能訓練士の給与と待遇

視能訓練士の年収は350万円から450万円というのが一般的です。月給は約20万円から25万円の職場が多いようです。
またアルバイトや非常勤として勤めている人も多く、その場合には時給1300円から1700円が一般的です。
また国家試験の受験資格を得る前の経歴などでも給与が変わる場合もあるようです。
一日八時間程度の勤務時間でほぼ残業はないため、視能訓練士の待遇は悪くありません。視能訓練士は国家資格を持つ専門職ということが大きく関係しているでしょう。
また地域によっても給与や待遇が変わることもよくあるので、視能訓練士採用情報を検索する際には働く場所についても注意してみましょう。

視能訓練士の求人のおすすめ